January 26, 2007

明日から

皆さま、こんにちは。

明日からいよいよ広島輸入車ショウが開催されますね。
僕のBlogも広島輸入車ショウ関連の検索件数が日に日に増えており、この日を楽しみにされていることが伝わってきます!

僕は国産車ディーラーに行く時もものすごく勇気がいります。
僕がディーラーに行くときは点検の時か購入間際の時ぐらいですかね^^;
試乗を楽しみに行くと言うことは無く、一度現行のロードスターが発表されたときは気になってショールームに行き、怖々と試乗をお願いし、緊張の試乗体験でした...;;
そのぐらい車のことに無知な僕にとってはディーラーで車を見ると言うことは恐怖に近い物があるのです。

だからこういう機会は本当に気兼ねなく気になる車を見られるので良いですよね。
夢のまた夢ですが、2シーターのオープンカーが所有したいと思っています。
それがどの車種かはじっくり選んでいきたいのですが、とりあえずここ最近気になっていたのはオープンカーではないのですが、アルファロメオ 8Cコンペティツォーネです。
ただV8ツインターボは僕にとっては有り余るパワーなのですが・・・。
でも縁あってアルファの147GTAを何度か運転させていただいた事があるのですが、

「この車は楽しいなぁ」

と感じ、アルファの雰囲気は(数少ない経験の中ですが)好きですね。
BMW Z4やアウディ NEW TTなどは雑誌でもよく見かけるので気にはなるのですが、なかなかディーラーに行くことはできません。試乗してみたいとは思うのですが・・・。



・・

・・・、あっ!!

この感じは皆さまのなかには

「時計が見たいけど見るだけだとちょっと悪いかも・・・?」
「見たい時計があるけど詳しくないから・・・。」

という思いの方もいらっしゃるのではないですか?
そうですね。そういう方も中にはいらっしゃるのでしょうね。
久しぶりに思い出しました。僕が初めて下村時計店に時計を見に来たときのことを・・・。

何度か通って、店の雰囲気に慣れてくるとこの気持ち、この思いって変わってくるのですが、はじめの一歩が勇気いりますよね^^
いや〜、自己完結で申し訳ない投稿になってしまいましたが久しぶりに初入店のドキドキ感を思い出しました。

あす会場に行かれるお客さま、楽しんできてくださいね。

ちなみに明日の広島の天気は気象台17:00発表の予報だと曇り時々晴れ降水確率は30%でした。(詳しくは気象庁のHPをご覧下さい)

それでは皆さま、気を付けて会場までお越し下さい。  

Posted by salesmaster018 at 19:11

January 24, 2007

広島輸入車ショウ2007

皆さま、こんにちは。

今週末の27・28日に広島グリーンアリーナで広島輸入車ショウが開催されます!
先日も出展車を掲載しましたが、今朝の中国新聞に出展車一覧が載っていました!
前年よりもこの辺の広告はクオリティ上がっています^^
ちなみに出展車は・・・、  続きを読む
Posted by salesmaster018 at 23:24

記念撮影

皆さま、こんばんは。

Flying B








今日、金座街店にBJのK氏とM氏が来店されました。
  続きを読む
Posted by salesmaster018 at 00:49

January 23, 2007

やってくる・・・!!

皆さま、こんにちは。

もうすぐ広島輸入車ショウが開催されます。

「Mオートからフェラーリ599のブラックが展示されるらしいよ。」

というお客さまからの情報もあり、さっそくBENTLEY広島に展示車の確認をしたところ、BENTLEY広島からは

・BENTLEY    BENTLEY Flying Spur (シルバー)
・Lamborghini  Gallardo      (イエロー)

が展示されるとのこと。
その他にも展示があったんですが・・・。
それは帰ってから調べて投稿しますね^^  
Posted by salesmaster018 at 15:07

January 20, 2007

姿勢差について

皆さま、こんばんは。

opaさんからいただいたコメントの返事をこちらで投稿しますね。opaさん、不快に思われたらすぐに削除しますのでその時にはご連絡くださいね。

姿勢差とは、簡単に説明をすると時計の姿勢により重力が加わる方向が変わる為に起きる現象です。
クロノメーターの検定では文字板上・文字板下・リューズ下・リューズ左・リューズ上の5つの姿勢(と3つの温度)で精度を検定していきます。
以前、弥七がコメントで書いていた進みの方向(姿勢)と遅れの方向を調べるというのは精度を測るテスターでどの姿勢では進みがどのぐらい出て、どの向きで遅れが出るのかを調べる事です。ちなみに文字盤上やリューズ下が精度を安定させるために進みで合わせてあります。(どのくらいの進みで合わせてあるかは個々で異なります)

今回のコメントを拝見していると置く時の姿勢については明記してあるのですが、そうでない時(時計を腕に着けていただいている時)の姿勢についてはこれだけでは判断付きません。
したがって簡単に例を挙げて聞いてみますね。時計を普段着けられている時によくとるご自身の手の位置ですが、

通常は歩くときなどは手は下を向いていますのでリューズポジションはほぼ下向きということになります。また腕を組むと12時下の向きとなります。このように気がつくとよくとる姿勢がそのまま時計の姿勢となります。

また動態精度(実際に着けているときの精度)静態精度(時計を一定姿勢で置いたときの精度)では変化が出てきます。これは手の動きは一定の姿勢ではなく常に動き、変わるために起こる現象です。5姿勢で進み・遅れで調整してあり、それぞれの姿勢の差によってうまくバランスがとれていれば動態精度での誤差は少なくなると言えるでしょう。

コメントを読む限りではどうやらopaさんと相棒は相性がいいのですね^^

さて、では置く姿勢はどうなのでしょうか?
これは弥七が言うように一度テスターに掛けてそれぞれの姿勢で誤差が少ない姿勢を探し、その向きで置いていただくのが最適です。これはご来店いただければ当店修理部で測定できますので少しお時間をいただければすぐに測って参ります。その後データーを見ながらお話をさせてくださいね。
ご来店の日程がたたない場合は試しに時計を置く時にリューズ下になるように置いてみてください。
リューズ下で置くときは固いものの上に直接置くのではなくハンカチやクロス(時計ふき)などを座布団代わりに下に引いて置いてやってくださいね。何かの拍子に「コーン」という音とともに冷や汗をかかないためにも座布団は必ずですよ^^

それでも同じくらい進むようなら・・・、

すぐにでも下村時計店にご来店ください!!
お待ちしていまぁ〜す ^^  
Posted by salesmaster018 at 00:44