May 31, 2008

メンバーズサロンの風に吹かれて・・・

皆さま、こんばんは。

今日から東京会場ではメンバーズサロンが開催となりましたね。
明日、明後日とあと2日間、BJスタッフの皆さま体調をくずさないように我々を楽しませてくださいね!!

そんな僕はレポートが遅くなりましたが、大阪会場の初日にお邪魔して来ました^^;
会場内は独特の熱気とBJスタッフが作り出すブライトリングワールドが僕を一気に夢の世界へと誘ってくれました。
本当にこの会場の雰囲気は不思議で毎年ここに帰って来たんだと変な錯覚をいだいてしまうんです。
そんなふわふわした状態の僕を待っていたのは各ブースで真剣な眼差しで、友達と同じ時計を見ながら笑いあっていたり、おふたりで仲良くお互いの気になる時計をご覧になっていたりする楽しそうな表情の皆さま。
夢のような空間を少しだけ、ここで披露しますね。

バナー(ジェットチーム)新作紹介パネル
ブルーの機体が目を惹くブライトリングJetチームこのブースには新作紹介のパネルやブライトリングがサポートするレースやアクロバットチームの紹介がされていました。

ブース(ウェブ)賑わうブース(スペシャルモデル)賑わうブース(BforBブース)
各ブースに今回はウェブネットワークの体験ブースも設置されていました。
模型
会場内をウロウロしていると突然上空に!!!
この飛行機はブライトリングが所有する民間初のエアロバティックス・チームのもので、旧チェコスロバキア製のジェット練習機「L-39Cアルバトロス」です。ブライトリングはこの飛行機を6機保有し日々技術を研鑽しているのです。
上にも下にも、ブースにも見たいものが多くきょろきょろしていたら今年のブースバナーが目に飛び込んでくるではないですか!! これがまたカッコいい^^

ブースバナー(クロノマット)ブースバナー(スペシャルモデル)
ブースバナー(プロフェッショナル)ブースバナー(BforB)
グルグルしているとあっという間に新幹線の時間が来てしまいました。
今年は皆さまが試着されたりしていた写真も紹介できるものが無く、少し心残りなのですが福岡会場に行った時にリベンジしたいと思います。

そう!! バスツアー開催いたします^^
7月5日(土)の福岡アクロスのメンバーズサロンに参加したいと思います。
明日から金座街店店頭でお申し込みを受け付けますのでご希望のお客さまはお声をかけてくださいね。
皆さまからの暖かいご支援をいただきまして今年も下村時計店主催で開催したいと思います。
参加条件は、

下村時計店でブライトリングをご購入のお客さま皆さま

が対象となります。
今年もメンバーズサロン福岡に皆さまと共に参加したいと思います!!
もちろん今年もメンバー様お一人につき1名のご同伴者までご登録いただけます。ご家族の方でもよし、気心しれたお友達でもよし、もちろんお一人での参加でも大歓迎です。
ぜひこの機会にブライトリングジャパンが主催する特別なフェアをご体感下さい。
尚、会費はお一人様3,000円です。
詳しくは金座街店 中田までお問い合せ下さい。

下村金座街店 (082)248-2224

もちろんこのブログでもご質問をおうかがいいたしますのでお気軽に書き込みしてください。(36名の定員となり次第、受付を終了とさせていただきますのでご了承下さい。)
皆さま、お待ちしていまぁ〜す^^

いつもありがとうございます!!  

Posted by salesmaster018 at 00:51

May 30, 2008

新作レポート Ver.4

皆さま、こんばんは。

ちょっと空いちゃいましたが、最後の新作レポートを投稿しますね。
最後はBforBからです!!

今年の1月までスイスは

BforBの新作は出ないよ

しかし、幕を開けるとそこには!!!
ベントレーGMT
僕の今年一番気になっていたモデルがこのBforBのベントレーGMT。
バーゼルからの第一報では
「49mmって・・・? GMTって書いてあるけどワールドタイムなのかな? 10時位置のボタンで都市リングを回すのか? 謎だらけだー!!」
第二報はウチのスタッフからで「とにかくでかい!! でもカッコいいよ^^」
の声が。「使った感じはどうなのーー?」
と聞く前にどんどこ次のモデルの情報が。ということで全く情報が伝わってこない。
ということでこの展示会をどれほど心待ちにしていたことか^^
会場に入ってすぐにベントレーのブースに行ったぐらい気になっていました。
N氏、時計にかじり付いてばかりで話をなかなか聞かずごめんなさい^^;
試着(上面から)
49mmというとクロノマチックと同じ大きさなのですが、ベントレーGMTはまた違った印象を僕に与えてくれました。皆さまはどうですか? 写真で見た時は「インダイヤルが少し寄り目かなぁ?」 「モータースたちに比べてベゼルの幅が少し太い?」と思っていましたが、GMTの針のボリュームとインダイヤルの配置、都市リングの幅とベゼルの幅の関係、そのすべてが完全なバランスを保ちお互いを引き締め合っている。そう、全てが調和しているのです!!
計器を作り続けて来たBREITLINGならではのデザインですね。巨大なケースはややもすると暴力的なデザインと感じられほどエキサイティングなモノが多いのですが、それって僕は苦手で・・・^^;
他のブランドでも見事なプロポーションを持ったケースはありますね。知っている中でもP社の1950やA社のロイヤルオークのケースデザインは大好きですね^^
はっ!!!ごめんなさい。脱線してしまいました。話をもどしましょう・・・^^
ベルト方向からの流れるラインが力強くていいんですよ。
それがコレ!!
試着(ベルト方向から)
ケースとラバーバンドの関係を見てください。
左右比対称のケースラグ部分に隙間無くきっちりと合わさっている!! そしてこのラバーバンドの中央部分にひときわ目を惹く盛り上がった部分にはなんと芯地としてステンレスの板が入っているそうです。
腕にあてた時は芯地が固いという気はせず、逆にケースからラバーバンドのカーブが自然に流れていく。
このカーブが力強くて美しいラインなんです。

試着(リューズ方向から)
リューズ側からも撮ってみました。
本当はコレ、ベルトの丸み具合が表現できたらと思っていたのですが、背景が濃くなり分かりにくい写真となってしまいました。ごめんなさい^^;
でもこの写真、ケースの厚みとベゼルの厚み、ベゼルの幅と文字盤の広がり、そして文字盤とガラスまでの空間のバランスが他のブランドでは表現できないBREITLINGならでは機能美がありますよね^^

僕はこのモデルの虜になってしまいました。
もう一度福岡会場に行ったらじっくりと見てみたいと思います。
皆さまもぜひご覧になってくださいね。

いつもありがとうございます!!  
Posted by salesmaster018 at 23:35

May 25, 2008

新作レポート Ver.3

皆さま、こんばんは。

今日はエアロマリンラインとプロフェッショナルラインを一気にご紹介します!!
先ずはダイバーモデル群のエアロマリーンラインからご紹介です!!

今年に入ってもスーパーオーシャンヘリテージのご注文をいただいている訳ですが、今年新たに追加となったのがクロノグラフ機能付きのヘリテージ、スーパーオーシャン ヘリテージ クロノグラフ。

こういう最強布陣を組まれると

「今年もコレかな?ヘリテージ年かな?」

と思っていましたが、ブースに行くと・・・、

一発でやられてしまいました^^;
それがこのモデル。
Newシーウルフ
チタンケースの時は屈強なイメージで重厚感のある雰囲気を纏っていましたが、今回のNewシーウルフはサテン仕上げ(つや消し)からのしっとりとした光とポリッシュ仕上げ(鏡面仕上げ)からの引き締まった光の調和でこれまでに無かった精悍さが加味されていました。
ケースの造形美もいいです。
そしてスカイランド登場から僕も気になっているステンシル書体が大きなケースから生み出される広い空間をぼやかすこと無く、全てのパーツと程よい距離感とテンションをもって配置されています。
ステンシル書体
精悍さと緊張感。
新しいシーウルフはケースの巨大さ、重厚感ある雰囲気だけではなく機能から生み出された美しさがあります。コレってBREITLINGの時計作りに共通する美学ですね。

ぜひ皆さま、一度手に取って眺めてみてくださいね^^

さて次はプロフェッショナルライン!!
今年は新作の追加は無かったのですが、唯一エアウルフの文字盤デザインが変更となりました。
コレまでの文字盤は文字盤中心から放射状に広がる彫りから力強さを感じていましたが、Newエアウルフはあまりの変貌ぶりに見とれてしまい写真に収めることを忘れていたくらいです。
この時計はぜひ現物を手に色々と眺めてみてください。
感じたのはグレーダイヤルのエアウルフを見てひと言、
「ジェントルマン」
書いていて恥ずかしくなるような安直な例えですが、本当にそう思ったんです^^;
そしてやはりブースにはこの時計が・・・、
今年も・・・
今年も専用のディスプレイの中に展示されていまいした。
なかなか店頭では並ばないモデルのひとつでもありますが、メンバーズサロンではあります。
ぜひご覧くださいね^^

いつもありがとうございます。

  
Posted by salesmaster018 at 22:08

新作レポート Ver.2

皆さま、こんばんは。

今日はナビタイマーラインから紹介しますね。
クロノマチック49(ブラック)

クロノマチック49(シルバー)エアロクラシックブレス
ナビタイマーはクロノマチック49が新登場。
以前のクロノマチックはベゼルがPVDでブラックコーティングされていましたが、今回はラバーをモールド成形(一体成形)してあります。ラバーベゼルになったためベゼル周りがギュッと引き締まった感じを受けました。
また、専用のSSブレスレットはスーパーオーシャンヘリテージのものと比べてブレスレット表面がプレス加工されシャープなイメージを受けました。
クラシックなのにぼやけていない。
過去と現代が見事に融合したデザインです。
49mmという大きさに目がいったのか、時計の厚みが薄く感じました。不思議です。。。
あっ!!それと皆さま気になっていらっしゃると思いますが、実はこのベゼルはラバーとのモールド加工と紹介しましたが、

「このラバー部分が経年劣化をしたらどうするの?削れたらどーなるの?」

という疑問にお答えします。
実はこのベゼル部分小さなねじで固定されている(僕のコンデジでは撮りきれませんでした。実際に手に取ってご覧ください)のですが、コレを外していくときちんと外部のラバー部分と内部のSSベゼル部分に分解され、新しいラバー部品を取り付けることで修理対応が可能になっているそうです
こんなところでもBREITLINGの永い目で見たアフターサービスの姿勢を覗くことができました!!
そしてクロノマチック49には最初からラバーバンドの設定もございます!
この辺からも感じられるように70年代のエキセントリックなクラシックウォッチでありながら革新的なデザインとなっています。

っん??
ラバーバンドはオーシャンレーサーとなっている!?
ということは・・・、

そう!! ラチェット式のあのバックルです^^
写真のようなブラック文字盤にモールド成形のブラックベゼルにブラックラバーの組み合わせは異彩を放つモデルでした^^

ぜひ皆さま、ナビタイマーラインの異色なモデルをぜひお楽しみくださいね!!

いつもありがとうございます。  
Posted by salesmaster018 at 00:43

May 24, 2008

新作レポート Ver.1

皆さま、こんばんは。

お待ちかねのnewモデルのレポートを始めますね。
ロジウムダイヤル

先ずはクロノマット。
今回はロジウムカラー(写真の文字盤カラーです。)がバーインデックスに追加になったのとローマンインデックスがSSケースとビコロ(18KYG&SSケース)で追加となりました。
SSケースは店頭でも展示させていただいたのでご存知の方も多いのでは?
だから今回はビコロを中心にレポートします。

写真に収めても光量の関係で全く表情が分からないというどうしようもく申し訳のない結果となってしまいましたが、しかし皆さま期待してください!!
バーインデックスとアラビアインデックスではインダイヤル(3つの小さな小窓)も全てゴールドで存在感のある輝きを放っておりましたが、今回のローマンインデックスはビコロモデル唯一のインダイヤルも同色カラーとなりました。凄く落ち着いた雰囲気は光り輝く強いイメージの文字盤とは違ういい表情です。ローマンインデックスもゴールドなのですが、反射の加減で光沢のあるゴールドから移り行く光の風景は思わず見とれてしまうほど^^
うっとりです。
近くの正規販売店に入荷がありましたらぜひご覧くださいね!!
下村時計店にも入荷次第すぐにお知らせいたしますね!!

今日はこの辺で。。。
全部のレポートができなくて申し訳ございません。
明日もがんばるぞ〜!!

いつもありがとうございます。
  
Posted by salesmaster018 at 00:53