September 29, 2014

新しいコルトオート

皆さま、こんにちは。

店頭に入荷してきたコルトオートを見ていると何だか手の込んでいる造りになっていることにワクワクしてしまいました。
コルトオート
<コルトオート> ケーズサイズ 44mm 防水性能 200m

クロノマット44の発表からライダータブの見直しが図られ、ブライトリングの特徴的なデザインを色濃く残すモデルがアベンジャーシリーズだけとなり寂しく思っていましたがこんな形で進化して帰って来るとはなんだか嬉しいですね^^

ベゼルをクローズアップして見てみると・・・、
新しいデザインのライダータブ

過去のデザインも資料から抜粋して掲載しますね。
以前のデザインのライダータブ
モノクロの写真が以前のデザインなのですが、ガラスとの間に空間があるのが見て取れると思います。
私の持っているクロノマットもこうなっているのですが、ニットや袖口に引っかかりやすいので服を着た後に時計を着けるように気を付けないといけない。

しかし、新しいデザインのライダータブならベゼルと一体となっており、引っかかりにくくなっています。
ライダータブの機能を損なうこと無く、より立体的に見せる。

もちろんベゼルを回転させる為に指のかかりが良くなるという機能はそのままで。

これこそが機能美で、これこそがBREITLINGの物作り!
小さな事かもしれませんが、私にとってはとても大きな発見でした。

ベゼルは非常にきめ細かいヘアライン仕上げとなっており、時計の顔回りが引き締まりとても良い表情。

コルトオート プロファイル

ケースも新たにデザインされており、エッジの出し方は少し甘いですが、44mmというケースサイズを感じさせない装着感!

ボリュームはしっかりあってインパクト大で、この着け心地は素晴らしいですね!

リューズガードのデザインも新になり、横顔にも注目してもらいたいモデルです!
コルトオート リューズガード



このコルトオートは見れば見るほどこだわりのある作りになっていると感じていただけると思いますので、ぜひ手にとって一度ご覧ください!


いつもありがとうございます。


  

Posted by salesmaster018 at 19:03Comments(2)